趣味の最近のブログ記事

ワキ脱毛を終えると、ワキの汗が増えたように感じることがあります。
それは本来、毛が汗の水分の蒸発の手助けをしていたのが、毛がなくなったことで皮膚表面に水分が残りやすくなった為です。
この汗を放っておくと汗ジミになって洋服が黄ばんでしまったり、匂いの原因になりますので、対策が必要です。市販のもので対策する場合、制汗剤を使用して汗を抑えたり、ワキパットで汗を吸収するなどの方法があります。
また美容クリニックで汗を抑える方法として『ボトックス注射』というものもあります。
これは顔のしわなどを目立たなくするためによく使用されるものですが、ワキにボトックスを入れることで汗腺の働きを抑える効果があります。
約半年ほど効き目が続きます。
また『ミラドライ』といって汗を発生させる元である『汗線』を破壊して汗をかかないようにするという方法もあります。
わりと高額な手術になりますが半永久的に効果があると言われています。
しかし汗をかくことは人間が体温調節をするのに重要な機能ですので、別の部分の汗が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

ほうれい線の改善には、ヒアルロン酸の注入や、
コラーゲンの注入が効果的だと言われています。
ほうれい線などの深いシワに沿って、これらを注入すると、
くぼんだ部分がふくらんで、目立ちにくくなるという治療法です。


ただ、コラーゲンの注入はアレルギーが起こることもあるので、
初めてコラーゲンを注入するというのは、アレルギー検査を行う必要があります。
ヒアルロン酸の注入に至っては、そういった心配がないので、
近年は、コラーゲンよりも、ヒアルロン酸注入の方が人気です。


そんなことから、費用はコラーゲンのほうが少し安いと言えます。
左右のほうれい線の治療をするのであれば、大体5万円~10万円ほど、
費用を見てください。


この治療法の効果は永遠ではありません。
効果は4ヶ月~半年ほどと言われますから、決して、
安い改善策とは言えませんね。
コラーゲン注入や、ヒアルロン酸注入を考えている人は、
じっくりと、検討してみてください。


女性はほうれい線意外にも気を配るところがいっぱい。
ムダ毛もその一つですね。
光脱毛の仕組み早わかりナビ、入口はコチラから





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち趣味カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31